FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ノーベル賞、同賞受賞者で事件事故続発】ノーベル化学賞・根岸英一氏本人は夜通し荒野を徘徊し朝になって保護、妻はこの間に低体温症で孤独死

ノーベル賞同賞受賞者事件事故続発
ノーベル化学賞・根岸英一
本人は夜通し荒野を徘徊し朝になって保護
はこの間に低体温症孤独死


 ノーベル賞の発表の直後、地上波フジテレビの朝のワイドショー(反日売国奴との評価が多い小倉智昭氏が司会進行役)で、煽てにまんまと乗せられ、生放送のスタジオでアカペラで歌まで唄っていた根岸英一氏。

 根岸氏は、
「ぼくは、小さいころから、非常によく勉強ができました!」
「ぼくは、受賞が決まってすぐに、ぼくのワイフにも、
ノーベル賞は、とにかく、他の賞より1万倍以上も影響力が凄い!と言ったんです!」
と繰り返し自慢し、
多くの冷静な方たちから、学校の勉強や研究は少しできたのかもしれないが、
それまでに受賞(賞状、賞金などを受領)した他の賞の関係者への感謝も全く忘れ、
その人たちが、そのように賞の比較をされた言葉を聞かされた時の気持ちを察することも出来ない、
本質的には(人間的には)極めて馬鹿な人間だ、と蔑まれていました。

 やはり、悲惨な晩年になってしまっているようです。


平成30年3月30日(金)(2018/03/30 12:27)
読売新聞

 【ワシントン=三井誠】米中西部イリノイ州オーグル郡の警察当局は29日、同州北部で13日に亡くなった状態で発見されたノーベル化学賞受賞者の根岸英一パデュー大特別教授(82)の妻すみれさん(80)の死因は、偶発的な低体温症で事件性はないと発表した。
 地元メディアなどによるとすみれさんは、根岸さん夫妻が乗った車が溝にはまって動けなくなった後、助けを求めに出て戻らない根岸さんを捜すために車外に出たとみられる。根岸さんは現場近くで歩いているところを13日朝に保護された。



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。