FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

稻 恭宏博士(稲 恭宏博士)の科学解説がまた具体化【福島県の野生の『イノブタ』にも福島原発事故による放射線、放射能、放射性物質の悪影響は何もなし】

稻 恭宏博士の科学解説がまた具体化
【福島県の野生の『イノブタ』にも
福島原発事故による放射線、放射能、放射性物質の
悪影響は何もなし】


注意)
 産經新聞社も、当該記事のタイトルでは、
『形態異常に放射線の影響は…』としていますが、
せめて、『放射線の影響による形態異常の可能性は?』
くらいにすべきです。

 産經新聞社も、まだまだ、科学部、社会部、政治部、経済部、文化部などの記者やデスクなどの幹部社員の科学知識レベルが低く、福島原発事故直後に、低線量率放射線医科学の専門家でない人物らによる非科学虚偽情報によって一時期広められた『放射線恐怖症』から、いまだに抜け出せていないようです。


産經新聞社 産経ニュース 平成30年(2018年)7月25日 12:00

被災地の「イノブタ大繁殖」は本当か!?
福島大が初のDNA分析、
形態異常に放射線の影響は…


(1/2ページ)

 東京電力福島第1原発事故の後、福島県内の避難指示区域で野生化した家畜ブタと野生イノシシの交雑(交配)によりインターネット上などで「イノブタが大繁殖」などと流布されたことがあった。この問題で福島大学共生システム理工学類の兼子伸吾准教授らの研究グループが、捕獲した野生イノシシに対する初の遺伝子分析結果を発表した。それによると、交雑は一部に認められるものの、大繁殖といった状況とは異なり「割合は、ごく少数」としている。

 研究グループが分析したのは、平成26年から28年にかけ県内8市町村で捕獲された75頭のイノシシの遺伝子。内訳は、大熊町5頭▽浪江町28頭▽楢葉町1頭▽富岡町1頭▽葛尾村1頭▽相馬市10頭▽福島市22頭▽二本松市7頭-となっている。分析の結果、ブタ由来の遺伝子を持ち交雑の結果、生まれたと考えられるものは浪江町で3頭、大熊町で1頭の計4頭だった。

 事故後、避難指示区域で農家が飼育できなくなったブタが野生化し、中にはイノシシと交配するものもあり、インターネット上などで「イノブタが大繁殖」などと流布されたが、同グループは「交雑は認められるものの、その割合は一般に言われるほど多くはない」としている。


(2/2ページ)

 事故後、避難指示区域などの野生動物に対するDNA分析による調査は初めてだという。その結果、福島県のイノシシは遺伝的多様性が極めて低いことも判明。近い血縁内で繁殖してきたと推定されるという。このため、形態などの異常が見つかった場合も、放射線の影響というより交雑などによる異常の可能性が高いとしている。

 被災地域の動物については形態異常が確認され、原発事故との関連が指摘されることも多いが、イノシシに関しては、その可能性は低いとみられる。

 野生に適さないブタの遺伝子が交雑することの影響としては、イノシシの生存率が弱まるなどの可能性もあり、今後も継続調査を行うとしている。

 兼子准教授は「原発事故後の福島の生き物については(イノブタなど)根拠が希薄なまま流布されるケースが多いが、そうしたことに対する科学的な検証は、風評や不安を払拭し、起きたことを正しく理解する上で大切だ」と話している。

 分析結果は、日本生態学会誌「保全生態学研究」に公開されている。

(福島支局 内田優作)



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。