FC2ブログ

記事一覧

【本庶 佑 氏の虚構 ノーベル生理学・医学賞『がん免疫療法(免疫チェックポイント阻害剤)という大罪』】 踏み躙られた多くの患者たちの重篤な副作用と死亡例

本庶 佑 氏の虚構 ノーベル生理学・医学賞
がん免疫療法免疫チェックポイント阻害剤)という大罪』】
踏み躙られた多くの患者たちの重篤な副作用死亡例


オプジーボ(オプヂーボ、オプディーボ、Opdivo)
副作用 発現状況 (集計期間:2014/07/04~2018/09/12)


 こんなに短期間でこれだけの重篤な副作用死亡例
 どれほど患者の尊い命を犠牲にすれば気が済むのか。

 別ページの記事に記載した、同じ京都大学の山中伸弥氏のiPS細胞の虚構同罪です。

 本庶氏らが当初の2年間、アポトーシス(=プログラムされた細胞の自爆死)に関与している物質として疑わず、その名も PD-1(Programmed cell death 1)と名付けたタンパク質も、その相方(リガンド、ライガンド、Ligand)の PD-L1 も PD-L2 も、
すべて、免疫細胞の主要な亜集団の一つであるT細胞の応答を抑制または
停止させる共同抑制因子として働く免疫チェックポイント・タンパク質ですが、
人体に、不要な物質(タンパク質など)はありません。

 そのために、
抗体薬オプジーボオプヂーボオプディーボOpdivo)】 を投与すると、
本来必要な機能まですべて奪われてしまい
必然的に人体内各所に重篤な異常(=重篤な副作用)が生じ、
多くの患者さんたちが、日々、亡くなっているのです。

ブログランキングに参加しています。
よろしかったら、ぜひ、下記の
【3つのブログランキング】と【拍手】のバナーをクリックしてください。




ブログランキング・にほんブログ村へ



スポンサーサイト

プロフィール

Fact Check for Japan

Author:Fact Check for Japan
日本と世界の人々の生活を持続的に【平和で豊かで健康長寿なもの】にするために、新聞、テレビ、ラジオ、ITメディアなどが報道しない、解説できない【時事ニュース、福島原発事故、エネルギー、医科学/生命科学、医療、健康長寿、地球環境など】のテーマについて、史実・医科学事実に基づいて、可能な限り分かり易く解説・提言しています。

最新コメント

ジャンルランキング

[ジャンルランキング]
ニュース
936位
ジャンルランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
時事
423位
サブジャンルランキングを見る>>

フリーエリア